指導スタッフ

秋山 利男(倉本塾師範)

秋山 利男倉本塾師範

準備中
児玉 秀人(倉本塾師範)

児玉 秀人倉本塾師範

1965年東京生まれ。

小学生の時合気道を始める。1985年20歳で空手道場入門。

その後空手の指導や、選手として大会に出場。

全日本ウエイト制選手権や全日本選手権などに出場。

2004年11月に全日本選手権出場後、当時師範代をつとめていた道場を辞め、2005年倉本塾へ入塾。倉本塾長の弟子として新しい武道人生を始める。

2009年3月、塾長の承諾を得て「護身武道塾」を立ち上げる。

現在、倉本塾長の指導を仰ぎ自己研鑚に励む傍ら、生徒指導に携わる。

朱 隆昌(倉本塾師範)

朱 隆昌倉本塾師範

兵庫県神戸市出身。7才より倉本師範のもとで空手を始める。
空手道脩己会城東支部支部長。

1994年6月初段取得

1996年2月 弐段取得

2000年4月脩己会本郷道場少年部指導員

2000年9月日本橋スクール責任者

2001年4月YMCA少年空手教室講師

2002年3月倉本塾入塾

2003年4月上野道場主宰

2003年6月参段取得

2005年4月倉本塾正指導員資格取得

2006年4月亀戸キッズ空手講師

2008年4月倉本塾師範代資格取得

2009年4月大島キッズ空手スクール主管

(財)全日本空手道連盟(JKF)公認資格、(財)日本体育協会公認資格
東京YMCAウェルネスセンター委託講師、シダックスカルチャースクール講師

鳥村 悟(倉本塾師範)

鳥村 悟倉本塾師範

準備中
西村 俊和(倉本武学ザ・プロテクト インストラクター)

西村 俊和倉本武学ザ・プロテクト インストラクター

1964年秋田県生まれ。

中学生の時、家族で上京。

20代後半にウエイトトレーニングをはじめる(自己流でベンチプレス150キロ挙げる)。

40才前に生涯武道(武術)に興味を持ち倉本先生の存在を知る。

2007年、意を決し倉本塾へ入塾。

2011年忘年演武会では、ブロックを地べたに置いて割る難度の高い演武を成功させる。

菅谷 良一(倉本武学ザ・プロテクト インストラクター)

菅谷 良一倉本武学ザ・プロテクト インストラクター

1973年5月3日生まれ(40才)神奈川県川崎市出身。

18才からボクシングを始め 20才の時空手道入門、以降10年間空手修行にいそしむ。(22才で初段取得)

2003年、イスラエル近接格闘技≪クラヴマガ≫入門。

2006年、インストラクター免許取得。

その後、倉本成春塾長にあこがれ、本格的に護身術を磨くべく2008年、総合武術鍛錬場倉本塾入門。現在に至る。

この間、2011年倉本塾忘年演武会において、太さ6センチ四方の角材を手刀にて割る演武に成功。

2012年、同演武会では、手刀にて金属バットを折る豪快な演武を披露。

2013年1月、倉本武学ザ・プロテクトインストラクターの免許取得。

ザ・プロテクト戸塚教室(横浜市)、高津教室(川崎市)専任講師。

岡田 幸喜(倉本武学ザ・プロテクト インストラクター)

岡田 幸喜倉本武学ザ・プロテクト インストラクター

1964年3月愛知県出身。

15才でボクシングを始める。

19才で空手を始め現在空手道指導者(道場主、三段)

2007年武術の奥義を追求すべく倉本塾入門。

以来、倉本塾長の薫陶を受けながら、自己研鑽と門下生育成に励む。

2009年上級救命講習終了。

2013年3月倉本武学ザ・プロテクトインストラクター免許取得。

2013年4月≪ザ・プロテクト祭り≫プレ競技大会優勝。

2014年5月≪第一回ザ・プロテクト競技大会≫優勝。

吉田 修(倉本武学ザ・プロテクト インストラクター)

吉田 修倉本武学ザ・プロテクト インストラクター

準備中
川島 佑

川島 佑

準備中
杉崎 雅之

杉崎 雅之

準備中
石川 幸作(倉本武学ザ・プロテクト インストラクター)

石川 幸作倉本武学ザ・プロテクト インストラクター

準備中
釘村 正洋(倉本武学ザ・プロテクト インストラクター)

釘村 正洋倉本武学ザ・プロテクト インストラクター

準備中
山本 衡俊

山本 衡俊

準備中
植田 真理子

植田 真理子

準備中
中田 明成

中田 明成

準備中